脱凡人の日常

日常にちょっとしたスパイスを

*

おすすめ書籍3:ハイデガー著「存在と時間」

   

ども、杉野です。

まあ、やっぱり「存在と時間」は外せないですよね。

存在と時間

 

「存在と時間」はなんていうか、お守りみたいなもんだと思ってください(笑)

多分一生かかってもちゃんと読むことはできないんだけども、そういう絶望と日々向き合うことに意味がある、みたいな感じです。

この本全体を理解するに至らなくても、そこから得られることは山ほどあるし、そもそもこの本自体が未完の書なんでね。

結局のところハイデガーが何を言いたかったのかなんて、誰にも分からないのです。

そういう気持ちでチャレンジすれば、案外いろんなものが得られると思いますよ。

ちなみに「存在と時間」はいくつかの翻訳が出ていますが、個人的にはサムネにしているちくま学芸文庫のやつか、岩波書店の新訳が値段的にも読みやすさ的にもおすすめです。

どっちが読みやすいかは好みの問題なので、あとは本屋でペラペラめくって決めてくださいませ。

 - おすすめ書籍

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

おすすめ書籍4:ベイトソン著「精神の生態学」

ども、杉野です。 「精神の生態学」はかなり昔に何度か紹介した本ですが、あたらめて …

おすすめ書籍2:ラッセル著「哲学入門」

ども、杉野です。 基本的に難しめの書籍ばかり紹介することになりますが、その辺はご …

おすすめ書籍1:オルテガ著「大衆の反逆」

ども、杉野です。 当然ながら、書籍も紹介しちゃいますよー。   僕のメ …

おすすめ書籍5:安部公房著「壁」

ども、杉野です。 僕は小説はあまり読まないんですが、これは読んでおいた方がいいと …

おすすめ書籍6:ダニエル・カーネマン著「ファスト&スロー」(上下)

ども、杉野です。 言わずと知れた、行動経済学の権威ダニエル・カーネマンの主著です …